自らコミュニケーションを取ろう♪

ヘルパーの仕事は、いろいろな人と接する機会が多く、人間関係で悩む方も少なくありません。しかし、人間関係の問題というのは、個人個人の努力である程度解決できます。まずは、人間関係を円滑にしていくために、ヘルパー同士だけで結束するのではなく、他の部署の人とも交流を持つことを意識してみましょう。

交流といっても、密接な友好関係である必要はなく、日頃から気軽に仕事の話や他愛のない話をできる人間関係を築くことが大切です。重要なのはコミュニケーションが取れているかどうかということなので、なるべく他の職種の人にも積極的に話しかけるようにしてみましょう。ときには、パートと正社員との間で派閥ができることもあるかもしれませんが、こうした場合でも、日頃から笑顔でコミュニケーションを取っていれば、問題は回避できます。

また、ヘルパーが悩む人間関係の中には、利用者とのコミュ二ケーションの問題がありますが、ヘルパーはサービスを提供する側で、利用者はそれを受ける側であるという自覚を持ち、仕事だと割り切って、明るく対応するのがポイントです。

ヘルパーの場合は利用者がいてこそ仕事が成り立っているので、利用してくれる方に感謝の気持ちを忘れずに、何を必要とされているのかを考えながら行動して行くことを忘れてはいけません。人間関係の悩みは、ヘルパーに限らずどの仕事に携わる方にも起こり得ることですが、自分の意識の持ち方や他人への接し方で改善できるため、まずは自らコミュニケーションを取る姿勢を忘れないようしましょう。★=★参考サイト:人間関係改善術~介護業界編~★=★